ご挨拶

■■■コンマスよりご挨拶■■■

Undecided ’92は、1992年2月に12名で、渋谷宮益坂サイトウ楽器のスタジオで産声を上げ、2022年に30周年を迎えることができました。当初は若かりし頃ビッグバンドジャズを齧(かじ)ったオジサンたちが20年ぶりに楽器を持って集まり、出ない音や譜面と闘いながら、それでも充分楽しんでおりました。しかし怖いもの知らずとは言え、その年の6月には単独ライブを、年末にはクリスマスディナーパーティーを六本木で自主開催したのです。

 

それ以来ライブハウス、各種ジャズフェスティバル、大学の学園祭、地域のイベントに出演。中でも2020年に残念ながら閉店した新宿JAZZ SPOT “J”への20回ほどの出演と東京ディズニーリゾートでの11回の演奏は思い出深いものとなりました。

 30年の間には、様々な出来事との遭遇もありました。

アメリカで同時多発テロ直後の2001年12月に開催した東京アメリカンクラブでのクリスマスディナーパーティーで入館時のセキュリティーチェックが厳しかったこと、

2011年の東日本大震災の年に品川イーストワンタワーで復興支援のチャリティーライブに参加したこと、

そして2020年以降コロナ禍の影響で練習がままならず、併せてライブなどの発表の場が制限されたため、2021年のステージは上野精養軒でのクリスマスディナーパーティーのみだったことなど。

お陰様で、2022年は5月に池袋ジャズフェスティバルに出演することができ、秋には横濱ジャズプロムナード出演が予定され、年末には恒例のクリスマスディナーパーティーを計画しています。

発足当初のレパートリーはカウント・ベイシーのナンバー中心でしたが、メンバーの若返りとともに、専属女性ボーカリストの加入、新たな曲調への対応、プロのアレンジャーによるオリジナルアレンジへの挑戦と日々変化して参りました。今年も新メンバーの加入があり、より充実したサウンドをお届けできるのではないかと自負しています。

是非機会がありましたら、当バンドをお聴きいただければ幸いです。

2022年5月

Undecided ’92 リーダー

田島知造